あるとないとじゃ大違い!?無視できない集客とのぼりの関係性とは

お客様を呼び込む効果の大きい「のぼり」

飲食店や商店などは、一般的に看板を設置しお店の目印とします。しかし、車で通行するお客様は一瞬で通り過ぎてしまいますし、看板が立ち並ぶ商店街を歩くお客様が自分のお店に目を留めてくれるには、目立つ看板にする必要があります。しかし看板設置場所の確保がむずかしかったり、かなりのコストがかかってしまいます。
そこで「のぼり」です。看板と違い設置が簡単で安価です。安価ゆえに季節や時間帯に適したデザインののぼりを複数用意して、ターゲットのお客様にアピールすることが容易にできます。
ひと口にのぼりといってもいろいろな種類があります。縦180センチ、横60センチの定番のぼり、文字だけでなくイラストなども入れられる縦270センチ、横90センチ大型サイズ、逆に縦20~30センチ、横10センチ前後の主に店内配置する小型のものなど、代表的なもの以外にも様々な用途・目的に対応したのぼりがあります。

集客効果を最大に上げる活用方法

一般のお店での活用のみならず、期間限定のイベントや不動産の分譲地での目印・お客様へのアピールに活用されるのぼり。活用のポイントは以下の三つが挙げられます。
一つ目としてオリジナルデザインにすることです。のぼりを立てると目立つには目立つのですが、既製品の場合、どこかで同じものを見たことがあるとお店のアピールが弱くなってしまいます。お客様に訴えたいことを明解にデザインすることが重要です。
二つ目にのぼりは一つだけ立てるのではなく、同じのぼりを複数立てて、お店のやる気とお客様を歓迎する姿勢を見せることがより効果的なのぼりの設置です。
三つ目は定期的なリニューアルや、季節・時間帯による配置交換です。例えば飲食店の場合、朝はモーニング、お昼はランチ、夕方からはディナーといったアピールする対象を明確にするのぼりの配置があります。
工夫によって大きな集客効果が期待できるのぼりは、販売促進の鉄板と言えます。